釣果

沼津エギング釣果2020年4月第1週。

4月に入りましたが寒い日が続いていますね、おはようございます、くらげです。

 

今月からはコロナの関係もあり、釣行はコンビニなどのお店によらないで釣り場が混雑していたら諦める事を念頭に短時間で行くようにしております。

 

そんな中エギングへ行って来たわけですが、相変わらず釣れませんヽ(;▽;)ノ

 

まとめてご報告します。

 

沼津サーフ

まずは人混みを避けての朝マズメのサーフへ日曜日行って来ました。

数十mは隣との間隔をあけれそうだったので釣り始めてみました。5時半から8時頃までシャクリましたがタコのみ。

自力で海へ帰って行きました。周囲ではジギングの方が多かった印象です。

 

平日朝マズメ狙い

翌月曜日はサーフを諦め、堤防へ。

堤防入りは午前3時!こんなに居るのか?という位の車の数(>_<)ただ仮眠を取られている方が多いのか堤防はそれほど人はいません。

周囲との間隔も取れたのでエギング開始です。

天気予報ではずっと晴れでしたが、釣り開始直後からまさかの雨。暗闇の中雨に撃たれながのエギングとなります。

濡れ続ける事3時間やっと雨があがりましたがその間何もなし。

日の出のチャンスタイムも雨による濁りのせいなのかノーバイト。

8時過ぎには混雑してきたので撤収しました。

平日夜狙い

さらに翌日もリベンジに。

今度は仕事終わりの21時から堤防イン。人はまばらですがここ最近では1番エギンガーが多い日でした。あちこちでシャクル「ビュンビュン」という音がこだまします。

しかし何故かその音には苛立ちがこもっているかの様に聞こえます。かなり激しくピッチも速く、そして暫くの諦めにも似た沈黙からのハイピッチバイオレンスジャーク。

そんなシャクリがあちこちから聞こえてきます。

↑満月がキレイです。大潮です。あはははは。

恐らく何ヶ所かランガンして辿り着いたこの場所もイカからの反応がなく苛立っていた事でしょう。

そして日付が変わったところで納竿。ノーフィッシュです。

という事で数日に渡り場所や時間を変えて釣行しましたが、結果はついてきませんでした。

この時期でこんな感じということは、チャンスはまだこの先にあるとも受け止めれます。前向きに春イカと出会える事を願ってシャクって行きます。

それではまた٩(ˊᗜˋ*)و

ABOUT ME
くらげ
くらげ
管理人の【くらげ】沼津サーフ、漁港でエギングとライトショアジギングをメインに釣行しています。 日本釣振興会会員
Twitter でフォロー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です