エギング用品

釣り用の軽い長靴ならワークマンがおすすめ。

ワークマン 長靴

釣りの時に足元が濡れていたり、波しぶきが飛んできたり、突然の雨で靴が濡れて楽しい気分が台無しって事ありますよね。

そうならない為にも長靴を履いて釣りへ行けば良いのは分かってるけど、重いし動き難いのでスニーカーで釣り場へ行くことが多かった私がついに見つけた軽い長靴を紹介します。

はいどーん!みんな大好きワークマンプラスです。

あおり君
あおり君
またワークマンプラスだ。
くらげ
くらげ
そうだな最近の買い物は釣具屋かワークマンプラスの2択になってるな。

釣りウェア用に購入したイージスに引き続き長靴もワークマンプラスにしました。全身コーディネートですね。では細部をチェックしていきます。

ワークマンのイージスを釣り用に購入。サイズ感や防寒具合は? イージスのサイズ感 ・身長173cm体重65㎏の私がイージスLLサイズを着ています。 今回購入したの...

値段・外観・インナー

ワークマン 長靴値段は1500円。デザインはショートタイプの長靴です。値段は安ければ安いほど嬉しいので1500円は満足の価格となってますね。

シンプルな造りでストラップなどの付属品は一切ありません。材質はクロックスみたいな感じですね。

長靴内部も外側の素材と一緒でクロックス風の材質で起毛などはありません。中敷きは薄めで取り外して洗う事が出来ます。

ソールは凸凹がしっかりしており雨の日でもしっかり地面を噛んでくれそうです。

サイズ感・重さ・履き心地

普段27cmの靴を履いてる私がLLサイズでちょうど良いサイズ感でした。

3Lにするとつま先に余裕が出来るのですが、足首、ふくらはぎ、履き口の辺りがスカスカになってしまうので3Lは見送りました。

次は重さ、重さはものすごく軽いんです!

メーカー発表値は片足210g。エギングに使うリールと同じ位ですね。手に持つとリールよりは軽い気がしますがね。

まぁとにかく軽い!この一言に尽きます。

履き心地はクロックスのそれです。材質が似てるので履き心地も似ています。サンダルを履いてる様な楽な感じで歩けます。

また足首の辺りがすぼまってるので歩いている時にすっぽ抜ける事もありませんので安心して歩けます。

総合評価

圧倒的な軽さとこの値段、なるべく安く濡れずに快適に釣りをしたい人にはかなりおすすめ出来る長靴ですね。近くにワークマンがある方は手に取ってみると軽さに驚くはずです。是非1度持ち上げて見て下さい!

それではこの辺で(^-^)/

 

ABOUT ME
くらげ
くらげ
管理人の【くらげ】沼津サーフ、漁港でエギングとライトショアジギングをメインに釣行しています。 日本釣振興会会員
Twitter でフォロー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です