エギング用品

ヘッドライトを帽子のつばに付けれるゼクサスZX-R10が便利。

コロナ禍みなさんはどう過ごされてますか?こんにちは、リールをクルクル巻いて時間を潰しているくらげです。

暫くは釣りへ行けませんので我慢の日が続きますが、今日は最近買って凄く便利だ!と思ったヘッドライトの話でもしてみますね。

それがZEXUSのZX-R10というヘッドライト!値段は3000円ちょっとで釣具屋で買いました。防水機能も着いていて雨の日でも使えます。



今までは頭を包み込む形でホールドするタイプを使っていて長時間装着していると頭が痛くなってきたり、重くてクビが凝るのが問題でした(´×ω×`)

なので今回は軽量で帽子のつばに取り付けられるタイプの物にしてみました。

軽くて明るい

このヘッドライトの重さは28g。エギ1個分の重さです。

軽いですねぇー。

なので帽子のつばに付けて釣りを夜通ししても頭や首が痛くなる事がなくなりました。

視界にライト本体が入り込んで邪魔かと思っていたのですが実際使ってみるとそれもありませんね。

明るさは320ルーメンと夜釣りでは十分の明るさを発揮してくれます。手元から歩く先まで満足出来る明るさです。

もっと明るいのはありますが、正直300ルーメンもあれば普通の堤防や漁港などでは十分過ぎます。

明るさを記憶してくれる

このヘッドライトの凄いところは、最大320ルーメンまで明るく出来きて、さらには好みの明るさを記憶する事ができ次回からは電源を入れるとその明るさで照らしてくれるところです。

これがかなり助かります。電源を入れる度に明るさを調節する手間がないのはほんと楽です。

連続使用可能時間は16時間。電池はUSBケーブルでの充電方式なので電池を買わずに何度でも繰り返し使えます٩(ˊᗜˋ*)و

経済的ですねぇ。

角度調整が自在

ヘッドライトの角度は好きな向きへ調整出来きます。

歩いてる時に遠方を照らす角度です。微調整も簡単に出来ます。

手元のエギを交換したり糸を見たりする時は真下にも向けれます。

この状態で辺りを見回しても周囲の人を照らして迷惑をかける事はありません。

隣の人のヘッドライトの光を直にくらうと眩しくてイラッとしますよね?あれを自分がしなくて済みます。

また頭にバンドで止めるタイプだと下を見たい時にはかなり頭を丸め込まないと下を照らせませんでしたが、このヘッドライトだと少し頭を下げてライトの角度を変えてあげれば照らせるので、首を無理に曲げなくても良い点も高評価です。

つばの無い帽子や、そもそも帽子を被らない日は?

付属でヘッドバンドがあるのでそれを使えば通常のヘッドライトとしても使えます。

どちらの使い方にも対応出来るのも素晴らしいですね。

とまぁ素晴らしいゼクサスのZX-R10。大袈裟かも知れませんが、今までとは夜釣りの世界が変わりました!

帽子を被る釣り人にはかなりオススメのヘッドライトです。また釣りをしない人でも、夕方・夜間のウォーキングなどでも活躍してくれると思います。

 

 

ABOUT ME
くらげ
くらげ
管理人の【くらげ】沼津サーフ、漁港でエギングとライトショアジギングをメインに釣行しています。 日本釣振興会会員
Twitter でフォロー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です