リール

ゴメクサスのスピニング用カーボンダブルハンドル98㎜のインプレ

こんにちは!くらげです。今回は安いのに高性能でカッコ良いと評判のGOMEXUSのカーボンダブルハンドル98㎜のインプレ記事です。実際に装着しながら気になった部分をインプレしていきます。

同梱物•価格

ゴメクサス カーボンダブルハンドル98㎜ の付属品同梱物

同梱物はダブルハンドルと調整用のレンチとワッシャーですね。

価格はAmazonで4990円。

他のメーカーのダブルハンドルは20000円前後するので、この価格は破格です!

では取り付け前に色んな角度から眺めてみましょう。

上から見たダブルハンドル上から見た写真

上から見た写真です。カーボン部分は綺麗に湾曲しています。ハンドルノブとスカート部分はシルバー(チタンシルバー)にしたのですが、ギラッギラに輝きまくってるという感じではなく、程よく光沢のある金属感です。

ダブルハンドルのねじ込み部ねじ込み部分

ねじ込み部とハンドルノブの色味に統一感がありオシャレですね。

カーボン ダブルハンドルハンドル カーボン部分

綺麗に肉抜きされており軽量化されていますね、力をかけてもグニャグニャせず強度もあります。黒字のカーボンに白文字でさりげなくGOMEXUSのロゴが映えます。

チタン ハンドルノブハンドルノブ部分

大きくて握り易いハンドルノブです。夜釣りなどで視認性が良くない時でもサッと握れるので助かります。

装着方法

同梱物も少なめなので、取り付けも簡単そうですね!では取り付けていきます。

ゴメクサスカーボンダブルハンドルを装着したヴァンキッシュヴァンキッシュC3000SDH +ゴメクサス カーボンダブルハンドル

取り付けるといっても、リールのハンドルキャップを外してダブルハンドルをくるくるっと回していくだけで完了です。

黒々したヴァンキッシュも良いですけど、シルバーのパーツが増える事でゴージャスさが増して良い感じです。

ハンドルの長さ

ヴァンキッシュのダブルハンドルとゴメクサスのダブルはハンドル長さ比較

今回は98㎜のダブルハンドルです。これを19ヴァンキッシュC3000SDHについていた純正ダブルハンドルと比較してみると、このようなサイズ感となりました。

ひとまわり大きくなっているのが分かると思います。正直取り付ける前はデカすぎだかな?と思っていましたが、実際使ってみて大きくなったからどうだって事もありませんでした。90㎜と同じ感覚で使えました!

エギングで良く使われるリールのセフィアシリーズやエメラルダスシリーズもヴァンキッシュと同じでハンドル長90㎜です。

ゴメクサスカーボンダブルハンドルは72㎜82㎜98㎜のラインナップなので、エギングに使う方は82㎜か98㎜の2択になりそうですね。72㎜では短すぎるので。

後は短めが好みか長めが好みかという感じです。

ハンドルの重さ

カスタムハンドルにすると、どうしても重量がアップしてしまうのは仕方ないこと。オシャレの為です我慢します。さてどれくらい重さが変わるのか見ていきます。

ゴメクサスのカーボンダブルハンドルは実測値で39gでした。

一方ヴァンキッシュのダブルハンドルは実測値で29g。その差10g。やはり重たくはなりますが見た目がカッコ良くなってこの重さなら、重くなった事は気になりません。

また私の場合は竿先に重心があるタックルバランスだったので、リール側が少し重くなった事で重心が手元にきて持ち重りが減るというメリットがありました。

まわし心地

ベアリングが入っているので回転性能も良く軽い巻き心地です。「しっとり」ではなく「サラサラ」という表現が合いそうです。

ノブも大きくてとっさのアタリにもすぐ摘めるのが良いですね。

耐久性を考えてベアリングはより良いものへ替える事をメーカー側が推奨しているので、今後替えてみる予定ですが暫くは初期ベアリングのまま使ってみます。

まとめ

今回はゴメクサスのカーボンダブルハンドルのインプレということで書いてきましたが、4990円という破格さでカスタム出来て、この見た目と性能であればコスパは十分ではないでしょうか!

ダブルハンドルで悩んでいる方、是非一度ゴメクサスのハンドル使ってみて下さい!

ABOUT ME
くらげ
くらげ
管理人の【くらげ】沼津サーフ、漁港でエギングとライトショアジギングをメインに釣行しています。 日本釣振興会会員。GOMEXUSのテスターをさせてもらっています。
Twitter でフォロー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です