エギング

エギの重さは号数ごとに決まってるの?違うの?

エギの重さ=号数って考え方で良いのでしょうか?また〇〇g=〇〇号?こんなエギングを始めたばかりの頃の疑問をまとめてみました。

号数は重さではない

結論から言うと重さ=号数ではありません。重さで号数が決まってる訳ではないのです。

この根拠は私の所有するいくつかのメーカーのエギの重さを見てもらえば分かると思います。今回は3.5号で比較してみます。

EZ-Qダートマスター3.5号

パタパタフットが付いた波動でイカを寄せる事と横へのダートが得意なダートマスターは実測値19g。

EZ-Qキャスト喰わせ3.5号

軽い力でシャクってフォールさせるだけで強めの波動を発生させアピールするキャスト喰わせは17g。

同じEZ-Qシリーズの3.5号を見ただけでも既に重さは2g違いますね。

アオリーQフィンエース

安定姿勢のフォールで私の中の王道エギは実測値19g

エギ王LIVEサーチ

名前の通りそのポイントの1投目に投げる事の多いライブサーチは実測値21g。

このように同じメーカーの3.5号であっても重さは異なりますし、他メーカーで同じ物もあれば違う物もあるといった事から重さ=号数ではない事が分かります。

では号数とは何なのでしょうか?重さ以外から探ってみます。

長さはどうか?

3種類の3.5号を並べてみました。すると長さは全く同じですね!この事から3.5号というのはエギの長さを表していると分かります。

まとめ

3.5号のエギを使って重さと長さを見て号数の定義を探した結果をまとめます。

重さと号数の関係

・重さ≠号数・長さ=号数

今では号数が長さ(大きさ)を表している事は当たり前に思っていますが、エギングを始めた当初は号数が重さの単位?など考えた時もあったのでその振り返りとしてまとめてみました。

ABOUT ME
くらげ
くらげ
管理人の【くらげ】沼津サーフ、漁港でエギングとライトショアジギングをメインに釣行しています。 日本釣振興会会員
Twitter でフォロー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です